Medicalレーザー治療

レーザー治療とは

一般歯科には、虫歯治療、歯周病治療、根幹治療、歯の抜歯、義歯の作成等の治療などがあり保険診療の対象となります。診療室は、プライベートルームを完備しており、プライベート歯科診療が行えます。他の患者さまを気にせず治療が行える空間です。最新の機器を備えお口の中をしっかり拝見させてもらって上で治療計画を立て、患者様に治療方針を丁寧に説明をして、十分ご理解いただいた上で治療を致します。
当院の歯科医師は、勉強会や学会にも積極的に参加しています。幅広い技術と知識をもって患者様の様々な症状、疾患に取り組み、患者さまに合った治療を提案致します。

レーザーの用途

歯周治療、色素沈着の除去、口腔炎治療、歯肉の切除、歯肉に溜まった膿の排出(膿瘍切開)などに用います。

レーザーの利点

  • 麻酔の必要が少ない(痛みが少ない)レーザー治療では、痛みが少ないため麻酔が不要なことも多く、麻酔による痛み、恐怖、不快が少なくて済みます。
  • レーザーの照射部の殺菌効果が期待できます。
  • 本院で使用するレーザーは、レーザー照射部の表層のみ蒸散させるため組織深部の健康は部位への影響は少なく安全です。

歯周病治療

  • 歯周病治療
  • 歯周治療において、最も大切なことは、炎症を引き起こす原因菌や原因物質を除去することです。レーザーで用いることで歯肉ポケット内部の歯石除去、殺菌、細菌による毒素の除去が効果的にかつ、安全にでき歯周病の改善が可能とされています。なお、レーザーによる不快感や歯肉表面、歯の神経への悪影響はほとんど認められていません。

膿瘍切開

  • 膿瘍切開
  • 歯肉の中に膿が溜まって、歯肉が腫れた場合、そこを切開することで膿が排出され痛みが軽減されます。このような場合にレーザーを応用すると麻酔なしで切開でき、また、膿瘍部の殺菌や治癒の促進が促せます。

色素沈着の除去

  • 色素沈着の除去
    • 喫煙によるメラニン沈着
    • 歯科金属の漏出(メタルタトゥー)

    が挙げられます。いずれの場合も数回に渡り、レーザー照射することで沈着した色素を除去できます。痛みの少ない治療法のため麻酔なしで施術することもあります。

口内炎の治療

  • 口内炎の治療
  • 直接触れると痛む口内炎も短期間のレーザー照射で効果的に鎮痛、消炎できます。痛みも少なく口内炎の治癒も早まるのでおすすめの治療です。

歯肉の切除

  • 歯肉の切除
  • 親知らずなどの奥歯やまだ完全には生えきっていない永久歯などでは、歯の一部に歯肉が被っている場所は歯ブラシによる清掃ができず、歯肉が炎症を起こすことがあります。レーザーを使用することで安全にこの被さっている歯肉を切除し、形態を整え清掃性を向上することができます。「歯肉を切る」というと「痛む」イメージを持たれやすいのですが、レーザーでは麻酔なしで術中、術後の痛みを軽減して処置できます。