Medical一般歯科治療

一般歯科には、虫歯治療、歯周病治療、根幹治療、歯の抜歯、義歯の作成等の治療などがあり保険診療の対象となります。診療室は、プライベートルームを完備しており、プライベート歯科診療が行えます。他の患者さまを気にせず治療が行える空間です。最新の機器を備えお口の中をしっかり拝見させてもらって上で治療計画を立て、患者様に治療方針を丁寧に説明をして、十分ご理解いただいた上で治療を致します。
当院の歯科医師は、勉強会や学会にも積極的に参加しています。幅広い技術と知識をもって患者様の様々な症状、疾患に取り組み、患者さまに合った治療を提案致します。

虫歯治療

虫歯治療

きぬた歯科の虫歯治療について

虫歯は、1ヵ月で出来ます。ご注意ください。
当院では、なるべく歯を削らない、神経は出来る限り残すという方針で治療しています。その上で、虫歯治療の最重要点は虫歯は全部取るということです。

  • 健康な歯を削るほど、人工の歯は長持ちします。

    しかし、きぬた歯科では、それを良しとしません。歯を削れば削るほど歯自体の寿命は短くなってしまいます。再治療も困難になるため、金属が取れたときは抜歯などという悲しい結果にならないようきぬた歯科では最善を尽くしています。

  • 痛みのない虫歯の治療も治療後、お痛みが出る場合があります。

    当院では普通、神経の治療が必要となるケースでも、極力神経を抜かない方針を取っています。そのため治療後痛み(又はしみる)などの症状が出るケースもあります。その症状次第では神経の治療に移行しなければいけない時もあります。その際はお痛みがあることをお電話いただきましたら、診療時間内であれば即日に治療させていただきます。なお、完全に虫歯が神経まで到達している場合や初めからお痛みがある場合などはお痛みがなくても神経の治療をさせていただきます。痛みがない虫歯でも神経を取らなければいけないケースもあります。以上のことは特に大切なことです。ご理解ご協力を賜りますようお願い致します。

  • 歯を削った後の詰め物にはいろいろな種類があります。

    詰めものには、金属や白いもの、金や銀いろいろな種類があります。それらの詰め物はすべての歯に通用するものではありません。また、保険内のもの保険外のものなど、きぬたデンタルでは他の医院で行うことのできるすべての治療が可能です。お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

  • 虫歯は見た目だけでは判断できません。

    虫歯になると黒くなるだけではありません。茶色い虫歯も白い虫歯もあります。歯に色がついていても必ず虫歯になっているわけではなく、歯の着色であったり、詰めものの色の変化である場合もあります。きぬた歯科では、虫歯であるかを診断する検査薬も用意をし、確実に虫歯取りきる治療を行っています。

  • 虫歯の評価は病院によって違います。

    歯医者で「虫歯」と言われ、違う歯医者では「大丈夫」と言われた。もしくは、健診で虫歯が医者にいったら「虫歯ではない」と言われた。実はこのようなことは大変多くあります。歯になるかもしれいから削っておく。そのような治療を行う歯科医院も数多、間の体のパーツは頭の先からつま先まで人工のものに置き換えた場合、天然の物より長推はずはありません。きぬたデンタルは『健康な歯は削らず、神経をなるべく残す』をモット一に治療を行っています。

  • 虫歯でなくても歯がしみる。痛みがある場合はあります。

    虫歯以外のいろいろな原因で痛みが起こることがあります。例えば、知覚過敏、歯肉の腫れ、体調、鼻の原因…歯が痛いと必ず歯を削り神経を抜く治療をされている方を多くみます。た歯科では正しい診断をするための最先端の器具機材を用意して、的確な診断をしています。

根管治療

根管治療

  • 根管治療とは神経を取り除く治療や、かつての根の治療のやりなおしを総称した治療です。

    根管治療は急性症状を引き起こす場合があります。長く慢性化していた症状が治療を始めることにより、体もそれを治そうとし、予想外に腫れたり、痛みがでる場合があります。その場合は予約以外の日でも、その旨を受付に話していただき、なるべく早く来院してください。まめの薬(白いふた)を除去できるようなら、つまようじ等で取り除いい。その場合は、開けたままでも数日間は大丈夫です。

  • 神経を抜いたのに痛みがあるのは何故?

    神経を抜くということは、神経が歯の中に入るところで切り取るということで、どうしてもその傷が癒えるまで、もとの状態より咬むと痛いという現象が起こ。そのようなときは、なるべく刺激がいかないようにしてください。なので問題がない場合がほとんどですが、「刺激を加えない状態でも痛むなら、来院してください。また、途中で来院を中止されると、症状が増大する恐れがあります。

  • 治療に時間がかかる場合がよくあります。

    根の中だけでなく、細菌が骨の中までいっていることがよくあります。その場合、骨内の細菌は薬の効き目を待つことになり、どうしても時間がかかります。根の治療は歯の治療の中でもっとも重要な治療です。きぬた歯科では、現代医学での目安をクリアーにするまで治療を行っています。根管治療に最善をつくします。きぬたデンタルでは、根の治療に最善をつくしています。しかしながら上記したように、突然の急性状態や、治療後の咬合痛、治療のために時間がかかるなど、どうしても避けようがないことがあります。又、現在根に対しての治療に100%はないと言われています。難治症例におきましては大学とのタイアップシステムも確立しておりますので、ご相談ください。

歯周病治療

歯周病治療

  • 歯周病とは

    歯周炎になると歯を支える骨が痩せてしまい、進行すると抜歯にいたってしまう歯肉と骨の病気です。歯周病の段階も軽度なもの(歯肉炎)と重度なもの(歯周炎)があります。歯肉炎はブラッシングで治ります。歯を失う一番の原因はこの歯周病です。痩せてしまった骨を再生させる治療は研究者たちが開発してきましたが、現状ではこれといった確実な方法はありません。言い換えれば、現状では痩せた骨は元に戻すことはできないと考える方がいいでしょう。そのため、自分で出来ることで予防し、その上出来ないことを歯医者で治療する。つまり、歯医者と二人三脚で予防していくこと、治療していくことが重要になります。

  • 歯石をとることは大切

    ある統計では現在、10本の抜歯のうち8本は歯周病が原因。虫歯が原因で抜くのは1.3本ほどと言われています。歯周病の最大の原因は歯石です。決して比較になりませんが、以上のことから最近では虫歯治療以上に歯石をとる方が大切だといわれています。当院では、クリーニング器具は最先端のものを使用しています。手でおこなう歯石除去は、何度も来院し時間がかかりますが、最先端の器具を使用することで、歯を傷つけず、1度で歯石除去の効果を得ることができます。歯石がついていても痛みがないケースが多いので、症状が出てしまうと手遅れになってしまうこともあります。
    歯周病は初期〜中期の間では痛みがでないことが多いのです。

    そのために・・・歯周病予防のため、最低半年に1度は定期検診を受けましょう。
    現在は、歯石をとると同時に虫歯がないかチェックをする時代となっています。なるべく若いころから習慣付けることで、一生自分の歯で噛むことを実現することになるのです。女性の方は、妊娠されているときホルモンバランスが乱れるため、歯茎の炎やすいのでご注意ください。当院では、妊産婦検診もおこなっています。

歯周病とは
  • 歯石除去は痛みがある?
  • 歯石が付いている所は、歯と歯ぐきの境目、つまり敏感な所です。当院の歯石除去をする歯や歯肉を傷つけるものではありませんが、「痛みがありましたら遠慮なくし出ください。
  • 歯石を取ると歯がしみる?
  • 歯石に隠されている歯の面が露出することによって一時的に歯がしみるようになる場合があります。刺激がいかない様にしていただければ大抵は改善されます

知覚過敏治療

知覚過敏治療

知覚過敏とは⋯虫歯ではないのに歯がしみる状態を総称して言います。虫歯が原因でしみることは知覚過敏とは言いません。

  • 知覚過敏でしみるのは冷たいものだけ?

    冷たいものだけがしみる場合だけでなく、甘いものや温かいもの、すっぱいものがしみる、歯磨きのときの刺激によりしみる場合もあります。日によってしみる時もあればしみない時もあります。また、複合型の場合もあります。

  • 知覚過敏の治療法は?

    最近、知覚過敏用の薬がいろいろ出ています。きぬたデンタルではそのすべてを用意し、患者様各々の症状に最も合うと思われるものを使用しています。歯ぎしりによるものにはマウスピースが必要になる場合もあります。

  • 知覚過敏はすぐ治るの?

    知覚過敏をすぐ治す方法は歯の神経を抜くことです。知覚過敏症ですぐ神経を抜く歯科医院が多くみられますが、きぬたデンタルではそれを良しとしません。神経を抜くことで、歯の寿命を縮める可能性があるからです。歯にとって神経は大切なものです。どうしてもやむを得ない場合以外は神経を抜くことのない治療をおこなっています。そのため、すぐに改善しないことが多いです。

  • 自分で出来ることは?

    まず、しみる刺激を歯に加えないようご注意ください。痛みのあるときこいものでしみる場合は冷たいものは口にしない、うがいはぬるま湯でおこなみるときは、甘いものは食べないなどです。ただ、一生のことではあ反の知覚過敏用の歯磨剤は効果がありますので使用すると良いてまた、効果の高い使用方法もお伝えしていきます。

  • 知覚過敏の原因は?

    歯ブラシが強すぎたり、硬い毛先を使っていたり、歯周病による歯肉の退縮、歯ぎしり、くいしばりなど原因は様々です。きぬた歯科では原因を特定し、一人一人にあわせた治療をおこなっています。

  • 知覚過敏で神経を抜かなくてはいけない場合は?

    基本的には10症例中1症例は神経を抜かざるおえないケースがあります。虫歯でないため、歯医者側が患者様の痛みを理解できないことが多いのも現実です。一般的には、しみる刺激から解放された後、その痛みが1分以上続く場合は神経を抜くという基準があります。

  • 虫歯のしみ方とどう違うの?

    知覚過敏のしみ方と虫歯のしみ方は基本的に一緒です。ですので、しみたらまずは相談してください。ほとんどの方が歯がしみると虫歯なのではないかと思います。きぬた歯科では虫歯か知覚過敏か、しっかりと検査をしたうえで治療しています。

歯を失った方

  • インプラント治療を町田や川崎付近で口コミで選ぶならきぬた歯科
  • 虫歯、歯周病、外傷で失ってしまった歯の代わりに、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療です。本来のあった歯のような見た目と噛み心地を体験できます。
    詳しくは、専用サイトをご覧ください。https://perfect-implant.jp/